未経験からホットヨガインストラクターになるまでのステップ

近年では美容や健康のために身体を鍛えたりメンテナンスを行ったりする人が増えています。若い方からご年配の方まで、気軽に参加できるものとしてホットヨガをしている人も多いですが、未経験の方が練習を積んでいくうちにホットヨガの素晴らしさに目覚めて、インストラクターを目指すようになる方もいらっしゃいます。ホットヨガはスタジオも増えていますし、昼間に地域の人と一緒に習える環境も多いです。また会社帰りに気軽に立ち寄れるところもありますので、いろいろな環境の人がご自分のペースで無理なくすることができます。健康的な身体を維持したい方や、美容や痩せたい方など、目的に合わせて無理なく続けることができます。また少しのスペースでできることも、日常の中で取り入れやすいことにも繋がってきます。何より汗をかくことは、身体の内側からのメンテナンスとなり、リフレッシュできます。

ホットヨガは未経験でもインストラクターを目指せる

ホットヨガは名前の通り、体温が上昇しやすい環境の下で、ゆっくりとした動きのヨガでもすぐに体温が上昇し出して、有酸素運動の効果をより高めることを目的にしています。大量に汗をかきますので、水分の補給などは重要です。そのため、未経験の方の場合には、室温や湿度がホットヨガに適した状態に保たれているスタジオなどに入会して、しっかりと基本を学ぶことから始めます。高温多湿の環境ですから、ヨガのポーズを取り呼吸法をしているだけでも汗が流れ出すほどですから、指導者のいる安全面な環境で知識を広げていき、いずれはインストラクターを目指していくというのがおすすめです。ホットヨガのインストラクターは特別な資格は必要ないようですが、汗を大量にかくことからも、肌や皮膚が弱い人には湿疹などができてしまって、インストラクターには向かない体質もあります。

未経験からヨガを習得してホットヨガのインストラクターになる

ホットのヨガが未経験の人であっても、もともとヨガの経験があり習っている方が、その延長線上でホットヨガのインストラクターを目指す場合は多いです。ヨガはいくつになってもできることから人気も高いですし、目的に合わせてさまざまなポーズを勉強して習得をしていく必要があります。ホットヨガで動くポーズもこのヨガのポーズをベースにするわけですので、まずはヨガを習得しておくことはその後のどちらのインストラクターを目指すことにも役立ちます。ヨガのインストラクターの場合にも特別な国家資格などは必要ないのですが、スキルや技術を保証し、証明となる資格がありますので、資格取得するためのコースに入ると効率的です。日本国内にあるヨガ協会が認定している資格やヨガスタジオがそこで通用する独自の認定をしている場合などもありますので、まずはインストラクターを目指す入り口にするのもおすすめの方法です。