初心者でもわかりやすいクラウドファンディングのやり方

初心者が始めやすいのは寄付型か購入型

クラウドファンディングというのは、3つの種類があります。それは、金融型、購入型、そして寄付型です。初心者でも始めやすいと言われているやり方は、購入型か寄付型です。これは、プロジェクトの性質によって慎重にタイプを選ぶ必要があります。しかし、金融型は配当金を支援者に支払う必要があるため、初心者の場合は少し敷居が高いかもしれません。そこで、初心者の選択肢は購入型か寄付型の2択になります。購入型の場合、プロジェクトの支援の代わりに、サービスや商品を購入してもらう仕組みです。他方で、寄付型の場合は支援者は社会活動の一環としてプロジェクトを支援することが目的であるため、リターンを求めることが無いのがこのタイプの特徴と言えます。

プロジェクトの目標はしっかりとわかりやすく提示する

では、クラウドファンディングを初心者が行うにあたって、最も重視しなければならないのは、プロジェクトの目標と趣旨についてしっかりとわかりやすく説明をすることです。これは、初心者に限ったことではありませんが、やり方を間違ってしまうと支援者を集められず、資金集めは最悪失敗に終わってしまう場合があります。そうならないようにするため、どういった目的で資金調達をするのか、また、集めた資金はどのように使うのか、企画書をきちんと制作することが求められます。これは簡単に始められる反面、目標金額に到達しなければプロジェクトが開始できないため、目標金額の設定にも注意を払う必要があります。適性な目標金額を設定し、多くの人が共感できるようなプロジェクトの企画を立てることが重要なことです。

申請後のマーケティング活動がポイント

最後に、クラウドファンディングのやり方では、プラットフォームを選択し申請をした後もやるべきことがたくさんあります。その一つが、マーケティング活動と広報活動です。自分の企画したプロジェクトをより多くの人に知ってもらうためには、地道なマーケティング活動をすることが重要になります。また、広報活動はSNSを上手く駆使することによってプロジェクトの認知度を高められるため、SNSでの広報活動は不可欠です。プロジェクトのスタートのためには、期限内に目標金額をたっせいすることが前提条件となるため、とにかくプロジェクトについて広く知ってもらうことが何より重要です。プラットフォームには多数のプロジェクトがあるので、差別化を図ることが重要です。

記事一覧